サイズ選びのポイント

Panty Party

パンツのサイズ選びのポイントは?

服装のコーディネイトはTPOに合わせることが大切です。
そのため、冠婚葬祭をはじめ改まった場所に出かけるときは、あまりにも個性的なファッションを避けることは言うまでもありませんね。
やはり、そのような場面では、無難なファッションを心掛けることが大切です。
たとえば、パンツ(ズボン)の選び方によっては、スタイルが良く見えたり好感度アップにもつながります。
そのためにも、ふだんから自分のサイズを正しく知っておくことをお勧めします。
また、洋品店でパンツを購入する場合は、それに合わせたい靴で出かけることも大切です。
ちなみに、パンツの裾の長さと靴とのバランスも気になりますが、程よい長さにしておくと無難でしょう。
また、試着するときは、体にフィットするサイズのものが理想的ですが、いろいろな動作をしてみて、窮屈に感じないかどうかを確認することも大切です。
なお、体重の増減に対応するためには、ウエストの一部(あるいは全部)にゴムが入っているデザインを選んでおくと安心できますね。

自分の体にあったパンツのサイズ選び

パンツを選ぶときに何を基準にして選びますか。
デザインや色、生地の素材も好みがありますので大切なのですが、サイズに合ったものを選ばないと腰痛などの原因になりますし、履きにくいパンツはクローゼットに眠ったままで数回しか着ないでそのままになってしまった経験をした人もいるのではないでしょうか。
せっかくデザインが気に入っていても着ることがなければもったいないです。
選び方のポイントとして、メーカーによってサイズの表記が少々違うことがありますので、必ず試着してきついところはないか、膝を曲げてみて違和感がないか確認しましょう。
屈伸運動をしてみるとフィットしているかどうか分かります。
人の骨格は人それぞれですので、股上の短いもの、長いものが合う、合わないということがあります。
また、腰まわりの厚みや、太ももやふくらはぎの太さももちろん違いますので、いつもこのサイズだからこれでいいだろうという判断をしてしまうと、自分の体に合わなかったということが起こってしまいます。

おすすめWEBサイト 5選

不動産の購入・売却を姫路で考える

2018/11/30 更新